プールで着るフィットネスビキニの選び方とメンテナンス

これからプールで運動しようと考えているなら、フィットネスビキニがあると便利です。

普通の水着を着てフィットネスクラブのプールで泳いでいると、遊びに来たのかと白い目で見られることもゼロではないです。『参考サイト - メガロス - フィットネスクラブ

その点で言えばフィットネスビキニなら周りにも馴染みやすいです。ただし選び方には少しコツがいりますし、長持ちさせるポイントなどがあるのでぜひ覚えておきたいです。

サイズについて

プールで使うフィットネスビキニのサイズについては非常に重要です。どれを選ぶのかによって、運動がやりやすくなるのか動きに制限がかかるのかに関わってくるからです。結論から言うと、フィットネスビキニはジャストサイズにしておくのが望ましいです。

大き過ぎると飛び込んだ時や泳いでいる最中に、ずれたり外れたりする危険があります。反対に小さ過ぎるのも考えもので、中には締め付ける感じがある方が良いという人もいます。ただしプールに入ると水圧がかかります。

すると多少ではあっても締め付けられますから、呼吸がやりにくくなるケースも考えられます。場合によっては体調が悪くなる場合もありますから、極端に小さいものは避けておきたいです。そしてここで気をつけておきたいのは、書かれているサイズを見るだけで決めてしまわないことです。

普段の洋服はSサイズを着ているから、フィットネスビキニも同じものを買ってしまうと、着られない可能性があります。加えてメーカーや使われている素材でもかなり違ってくるため、必ず試着してからフィットネスビキニを購入するようにしたいものです。

胸の形がわからないものを選ぶ

薄い生地の場合だと、乳首の位置がわかってしまうものがあるのです。それでは人前で着用するのがためらわれます。それから引っ張ると肌が透けて見えるといったものもゼロではありません。もしもそのような心配があるのなら、中にパットが入っているフィットネスビキニを選ぶと良いでしょう。

中でもバストを包み込むようなタイプにしておけば、運動の最中にずれる心配を減らせます。胸の小さい人であれば、フィットネスビキニが浮いてしまわないように、厚めのパットが入っているものを選びたいです。反対にバストが大きいなら、あらかじめ胸の部分にパットが入っているものはやめておきましょう。

フィットネスビキニのサイズは合っているのに、パットが小さくて着心地が悪いといった事態になることがあるのです。そこで選ぶと良いのが、内側がポケット状になっているフィットネスビキニです。

これなら自分のバストのサイズに合わせたパットを入れられるので便利です。加えて意外と左右の胸のサイズが違う人が多いのですが、パットを入れ替えられるフィットネスビキニなら対応しやすいです。

水を弾くのかの確認は必須です

プールで使用する場合、濡れると重くなるフィットネスビキニは避けておくのが大切です。どんなに自分のバストサイズに合ったものを着用していても、濡れるたびにずれてはいないかと心配しなくてはならないからです。

また泳いだり歩いたりする時にも余計な負荷がかかるため、撥水加工をしているものを買うと良いです。そのようなタイプのフィットネスビキニは、水の中でも軽やかに動けるので運動しやすいです。だからといって単純に撥水加工をしていると書かれているものでは駄目です。

洗濯した瞬間に撥水加工が取れてしまう恐れがあります。繰り返し洗濯しても良いと表記しているものもあるので探してみましょう。どれが良いのかわからないなら店員さんに聞いても良いですし、サンプル商品があるなら、お店の人に許可をもらってから濡らしてみます。

そしてできるだけ重さに変化がないものを購入すると、失敗が少ないです。

塩素に強いフィットネスビキニ

消毒のために、ほとんどのプールでは塩素が入っています。使われている素材によってはフィットネスビキニの生地部分が薄くなったり、伸縮性がなくなってしまったりする場合があるのです。そのたびに買い替えるのでは経済的に負担がかかります。

そこで塩素に負けない機能を持ったフィットネスビキニにしておくのが無難です。耐塩素性と書かれている場合もありますし、ポリウレタン糸といった表記をしているものもあります。いずれにしても塩素に強いフィットネスビキニであるのは間違いなく、劣化するのを防ぎます。

少しでも安く手に入れるなら

フィットネスビキニは欲しいけど、値段が気になるという人もいるでしょう。確かにフィットネスビキニ単体で購入するとなると、割高になってしまう場合が多いです。そのような時はセットで購入することを検討しておくと良いです。

例えばスイミングキャップやゴーグル、パンツとフィットネスビキニが一緒になっているものがあるのです。これならそれぞれで買うよりもかなり安価になるケースが一般的です。それにトータルでコーディネートされているので、奇抜な色合いになってしまうのを避けられます。

お手入れについても覚えておきたいです

とにかくやっておきたいのは水洗いです。いくら塩素に強いフィットネスビキニだからといって、放置してしまうと劣化は避けられません。一番やってはいけないのが、脱いだらそのまま袋に入れて持ち帰ることです。熱が加わると生地に変化が出やすく、傷むのも早まる可能性があるのです。

そのためフィットネスジムに洗う場所があるなら、その場できれいに塩素を取り除いておくのが望ましいです。さらに脱水機が使えるなら水気を取り除いておきましょう。濡れたままカバンや袋に入れると、家に着いたころにはカビ臭くなってしまいます。

しかし中には繰り返して脱水している人がいますが、これは逆効果です。脱水機で絞るには限界があるため、それ以上やっても生地を傷めるだけで意味がないのです。そして自宅に帰ってきたら、中性洗剤を入れて再び洗います。

水洗いしたのできれいになっていると考えてはいけないです。わずかでも塩素が残っていれば、劣化を早める原因になります。そしてここでのポイントは、ネットに入れて弱流で洗うことと、洗剤は液体タイプを使うという二点です。

そのまま洗濯機に放り込むとファスナーやボタンでフィットネスビキニを傷めます。おまけに洗濯機の内部も傷つけるのでメリットはありません。粉状の洗剤を使わない方が良い理由は、溶けきらなかったものがフィットネスビキニに付着すると生地に良くないからです。

それが終わったら軽く脱水して、直射日光に当たらない場所に干しておけば良いでしょう。